ドクター

緑内障は誰にでも起こる|ならないための五か条

加齢と共に表れる目の病気

ドクター

飛蚊症は、視界に黒い斑点などが現れる目の病気です。加齢に伴って生じる場合が多く、目の疲労が関係しています。多くの場合飛蚊症は、治療は不要です。飛蚊症に積極的な治療を施す各地の名医は、新しい可能性を開いてくれるとして評判を得ています。

もっと見る

病気にならない生活習慣

女の人

日常生活で気をつけること

緑内障は、視神経に障害が起こることにより視野に異常をきたし、現在は低年齢化が進んでいる眼の病気です。症状が進行しないと気付きにくく、放置しておくと失明につながりかねないのです。ただ、早期に発見されると、進行を遅らせるだけでなく、失明の危険性もなくなるのです。家族に緑内障に罹っている人がいたり、低体温や強度近視の場合は定期健診を受けた方が良いです。眼圧上昇は緑内障の要因の1つであるため、適度な運動をしたり、目薬をきちんと差すことが大事です。食事面においては、ビタミン類・ルティンなどが豊富に含まれているものを積極的に摂ると良いでしょう。食材としては、ブルーベリー・ほうれん草・人参などがあげられます。

予防のための予備知識

緑内障を予防するには、首や眼の周りの筋肉をほぐすことも忘れてはならないです。筋肉をほぐすと眼精疲労が解消され、血流も良くなる効果が期待できるでしょう。眼の周りはつぼが多くあり、円を描くように数回行ったり、親指で押したりすることを心掛けるのです。パソコンなどを使用する場合は、1時間程度作業を行ったら眼を休めるようにすべきです。作業をする際は背筋をきちんと伸ばし、画面からの距離を40センチ以上保つことが望ましいです。アルコールや水を摂取するときは、眼圧上昇を招かないよう適量を守り、こまめに摂ることも大事です。睡眠に関しては夜遅くまで起きていることは極力避け、最低でも6時間は確保するようにしたいです。

目の老化現象

看護師

飛蚊症は目の前に小さな虫のようなものが飛んでいるように見える目の病気です。原因は大半が目の老化で、悪化する心配はありません。ただし他の深刻な眼病が原因で発生することもあるので、早期の診断が推奨されます。

もっと見る

実は危険な病気かも

医者

飛蚊症は糸くずや微小生物が空を漂っているように見えるなどの症状が現れます。老化の場合も多いのですが、中には危険な病気の場合も有ります。水晶体の濁りなどの場合はレーザーや投薬、サプリなどで対処できますが、まずは診察を受けてから、適切な処置を考えたいものです。

もっと見る