加齢と共に表れる目の病気|緑内障は誰にでも起こる|ならないための五か条
ナース

緑内障は誰にでも起こる|ならないための五か条

加齢と共に表れる目の病気

ドクター

注意したい視界の異常

飛蚊症は、加齢によって増えてくる目の病気です。視界に黒い斑点や細かい線が見えるようになったら、飛蚊症の疑いが濃厚です。飛蚊症の症状は、硝子体の異常によって引き起こされます。近視や乱視などの目のトラブルがあると、若い年齢でも飛蚊症になる場合があります。目が疲れやすい方は、特に視界の異常に気を付けます。眼科を受診して飛蚊症という診断が下れば、ほとんどのケースで治療は不要です。ただ網膜剥離の心配がある方は、しかるべき治療が必要です。病気の可能性を否定するためにも重要になってくるのが、眼科での検査です。網膜や目の毛細血管などに異常がないかを調べておけば、安心が出来ます。糖尿病を合併している時には、精密な検査が必須となります。

名医に熱い期待

治療の必要がないと医師から告げられても、飛蚊症のレベルによっては生活する上で問題が生じます。視界が妨げられると、増大するのが精神的なストレスです。全国に点在する眼科の名医は、治癒が難しい飛蚊症にも様々な治療を適用します。白内障や緑内障治療で活躍しているレーザーは、頻繁に用いられる機器です。名医は、一般的な眼科治療よりも一歩進んだ方法で飛蚊症にアプローチを仕掛けます。腕に自信がある名医にとって、飛蚊症は取り組みがいがある病気の一つです。完治が望めない場合でも、治療をすると症状に違いが出てきます。不快な症状に悩んでいた方にとって、名医による治療は新しい可能性です。各地の名医は、口コミ情報でも評判となっています。